スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

「パリのめぐり逢い」


クロード・ルルーシュの映画、「パリのめぐり逢い」のオリジナル・サウンドトラックです。
最近のおやすみタイムの定番曲です。
最近のというか、毎冬の定番なんですけど。
PARISのおしゃれでアダルトな雰囲気にあふれていて、とても良いです。
ルルーシュ&フランシス・レイと言えば、「男と女」が一番有名ですが、こちらも同じくらい良い。グッド
でも、映画は見たことないんです。なぜか、ビデオ、DVD化されていないらしく、幻の作品となっているようです。なんでだろう??権利関係とかなのか?是非、メディア化されることを熱望します。
でも、映像はなくても、音楽だけでも十分その世界にひたれる感じ。
昔のPARISのなんというか、アンニュイで曇天の空が似合いそうな雰囲気。
子供の頃想い描いていた、大人の恋愛のイメージです。
それから、私の個人的な感じなんですが、このCDジャケのタイトルがピンクとブルーで書かれているセンスが絶妙で、とってもPARIS的で、とってもおしゃれで、音楽の内容にすごくあっていると思うんです。
中年男とその妻と若い娘の三者三様の孤独な恋愛模様を描いた映画らしいですが、そんなことを思いながら目を閉じると、古い時代のPARISで刹那的に生きるお洒落な大人の世界に誘われていきます。結晶
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
RECOMMEND
{amazon_ProductName
大好きな布で作ろう―handmade ZAKKA
ブルーブランシェ
{amazon_ProductName
とびきりカワイイを作ろう―handmade ZAKKA
ブルーブランシェ
{amazon_ProductName
チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
チャルカ
{amazon_ProductName
ヨーロッパのお茶の時間―Teatime in Europe
山本 ゆりこ
LINKS
OTHER