スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

法事にて


ここは香川県さぬき市志度町にある普門院というお寺の中です。
我が家がいつもお世話になっているお寺さんです。
絵的にカッコイイので、法事の始まる前に撮りましたカメラ
このお寺の周りには他にも古いお寺がいくつかあり趣のある所です。
こういう古い建物の中にいると、とても落ち着くし居心地が良いものですね。法事とか仏事全般に関してはちょっとめんどくさいな〜(お金もかかるし[:ふぅ〜ん:])というのが本音ですが、こういう所に来ると、ご先祖様に感謝して自分もちゃんと生きなければ、と改めて少し反省します。(雰囲気に呑まれやすい私あせあせ
普段はあまり深く考えない御先祖様の事や、人の生死について思いを致す良い機会なのかなと、ひねくれ者の私も素直に思いました。
年をとったのでしょうか…。

再開!

皆様お元気ですか?
ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
冬で止まったまんまになってしまって、ほったらかしにしているうちに5ヶ月も経ってしまいました。春、夏とあっという間に過ぎて、一昨日8月7日は暦の上ではもう立秋でした。まだまだ暑くて夏真っ盛りで、とても秋という感じはしませんが。
毎日毎日暑くて、外に行くとというか、部屋を一歩出ると、もうすぐに汗が噴き出してへとへとになってしまいます。汗手芸ばっかりしていて、全然体力作りをしてないのでダメです。やばいよなぁ〜、、とは思いつつも、相変わらず大好きな縫い物や編み物や工作ばっかりしています。もう最近は、わざわざ炎天下に出ていくこと無い、暑い間はクーラーの効いた部屋で手作りにいそしもう!と開き直って、家事・雑事が片付き次第シャワーをあびて、後はクーラー部屋で極楽手作りタイムです…猫2 こんな事ではいけないような気もするのですが…くもり でも、とにかく暑くて深く考えるのもイヤなので、本能の赴くままに日々を過ごしている今日この頃ですひやひや

お休みしていた間、またいくつか作品が出来上がりました。
またそれをぼちぼち紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくおはな

あ、それから、くりもずっと変わらず元気です!


最近、くりが”野久保”(羞恥心)似だということに気付きました。
こちらも、またどうぞよろしくニョロ

JUGEMテーマ:趣味

今年も梅の季節になりましたね。
さっそく見に行ってきました。
上品で、つつましくて、愛らしい佇まいが大好きな花です。
まだ少し早かったようで蕾も多かったけれど、ほんのりと良い香りが漂い、とても綺麗でした。

一番王道の梅らしい色。がくの赤と黄みがかった白の花びらとの色合いが美しいです。

濃いピンクは女の子っぽくて、かんざしにしたい感じ。

これはティッシュみたいにクシュクシュとした何重もの花びらのもの。



この黄色いのは蝋梅(ろうばい)といいます。ほんとにロウソクで作ったみたい。とても強く香って、良い香りです。
ついでに、草もかわいいので撮りました。いろいろな所に春が感じられます。もう春はすぐそこですね。

金刀比羅宮 書院の美

JUGEMテーマ:アート・デザイン
昨年から開催されていてずっと気になっていた「金刀比羅宮 書院の美」という展覧会に行ってきました。
円山応挙の『遊虎図』『瀑布古松図』、伊藤若中『花丸図』ほか貴重な作品の数々と、またそれらを、重要文化財である書院の中で、200年以上もの時を隔てた昔と同じ状態で見られた事に、とても感動しました。
多数の作品も、見ている空間もすごい芸術品なので、もう出てきた時には嬉しさと感動でお腹いっぱいという感じでした。
庭の景色まで視野に入れた壮大・大胆な構図や、日本画、水墨画独特の絶妙で繊細なタッチ、とにかく隅々まで神経の行き届いた丁寧で細やかな仕事に、本当に感心しました。
やっぱり細部まで丁寧に心を込めて作った物は、完成した時に全体がすごい力を発揮するな、と思います。そして時代や時の流れに関係なく、その力を永遠に保ち続け、永遠に人の心に訴えかけてくるものがあるな、と思いました。細部が全体を作る、という事を改めて思いました。
こんな壮大な作品を語った後で、私のへっぽこ手作りの事に返ってくるのも何なんですが汗、私も物を作る時は、一つ一つ心を込めて丁寧に作ろうと、改めて深く心に思いました。ぴかぴか結晶

お正月

JUGEMテーマ:大晦日/お正月
あけましておめでとうございます!
とうとう2008年になりました。あっという間です。年末は猫の病のこともあり、大掃除も完璧には出来なかったけど、バタバタと慌ただしくおせち料理も作り、なんとか無事に新年を迎えました。日の出
夜遅くまで、というか明け方まで起きていたので、お昼になってやっとおせちとお雑煮で新年のご挨拶。かどまつ
うちのお雑煮は、郷土に伝わる白みそにあん餅のお雑煮です。
私は結婚する前は、実家のすまし汁に白餅の普通のお雑煮でした。
みそ汁に、しかもあん餅なんて、むつごおぉ〜〜!!(←方言。「しつこい」とか「こってりしている」みたいな意味)絶対食べれんし!と思っていたのですが、嫁いでからあっさりと食べられるようになりましたワッ! 
むしろ今ではこの白みそにあん餅の甘くてトロリとしたお雑煮でないと考えられないというほどになりました。(案外、こだわりのない味覚なのでした豚
うちの家は昔、家業がおまんじゅう屋をだったせいもあり、主人、義父共にとても甘党で、雑煮はもちろんあん餅オンリー。私もあん餅派になったので、正月はあん餅のみでOKです。
おせちは年々進化を遂げて、伝統より、どんどん食べられて、食べ残しのない物をひやひやというテーマに変わってきています。
今年は年末NHKでやっていた料理番組を参考に、田作りも手作りし(レンジを使って煎る作業が簡単に!)、紅白なますも、大根とスモークサーモンのマリネにしました。うちは主人、義父がすごい練り物好きなので、いつも二の重はかまぼこだらけですウィンク (ちなみに雑煮と違って、こちら(練り物)は、私はそんなでもないです。普通に好き。)三の重はいつも一面お煮しめなのですが、今年はお子ちゃま味覚&ハム好き旦那のために、焼き豚を入れときましたグッド とかいって、実はちょっと手抜きですニョロピピピ
さてさて、今年も(は)頑張りますので、どうぞよろしくお願い致しますおはな

エレクトロラックス クリーナーOXYGEN(オキシジェン)アップグレード

最近、新しく掃除機を買いました。
というのも、今年は私のアレルギー反応(ハウスダスト・ダニ・ヨモギ)が今までに無いくらいすごくて、夏の終わりぐらいからとても苦しんでいました。おそらく、今夏の異常な暑さのせいで、ダニが大量発生したのではないかと思われます。毎日、汗をかきかきせっせと掃除機をかけても、アレルギーは治まるどころか、かけてるそばからくしゃみの連発で、きっと排気が悪いんだろうなーという事は前々から思っていたので、ネットなどでいろいろ調べ、このスウェーデン製の掃除機”OXYGEN(オキシジェン)”が一番良さそうだという結論になり、早速購入しました。
価格的には、決してお安い物ではないのですが、使ってみて納得。それ以上の価値があると思いました。こちらのページを読んでもらうと、その効能がよくわかると思うのですが、簡単に良さを言うと、1.吸引力 2.排気のきれいさ 3.音の静かさ、です!
それはそれはすごい吸引力で細かな塵まで吸い取ってくれます。リンクページでやってますが、私も初めて使うときにハンカチテストをやってみたのですが、軽く2、3回中くらいの強さでノズルを往復させてみただけで、ビックリ!!取れてる取れてる!ハンカチに塵・ホコリのゴミ柱?が出来てるほどでした。私は普段結構マメに掃除機をかけていた方なのですが、いったい今まで何を掃除してたんだろうか??と思うほど、良く取れます。今までの掃除機では、吸い取った物を汚い排気で部屋の中にどんどんまき散らしていたんだろうと思います。これでは、そりゃアレルギーも治まらないわけです。
オキシジェンの排気はとてもクリーン。(リンクページ参照)掃除機をかけるたびに、ホコリは激減していってるようです。私のアレルギーもオキシジェンを使い始めた日から、かなり治まりました。鼻をかむ回数が減って、鼻の周りの皮膚がカサカサになってるのも治ってきたし、ティッシュの減りも遅くなったし、、ほんとに思い切って買って良かったです。音も静かで、心穏やかに掃除機をかけられます。
ほんとに良いことずくめなのですが、一つだけ難点を言えば、とても重いです汗(重量7.25kg)今までの掃除機のように片手で本体を持ち、片手でノズルをスイスイ…というわけにはいかないです。せっせと掃除すれば、知らないうちに筋力アップしているかも?
とにかく私にとっては、そんな唯一の欠点も全然目を瞑れるくらい、オキシジェンは頼もしいヤツです。LOVEオキシジェンラブ デザインもさすがヨーロッパ製。無駄が無く美しいです。
アレルギーや喘息で悩んでいる人には、絶対オススメです!!

石あかりロード


地元の石の名産地で夏の間行われている、”石あかりロード”というイベントに行きました。庵治石(地元”牟礼町”と”庵治町”は日本で有数の石の名産地)で作った石灯りが道沿いにずっと並んでいます。だいぶん涼しくなったので、夏の夜の散歩もなかなか和みました。

皆既月食の夜


皆既月食、見ました!
雲が少しかかっていたので、あまりはっきりはしていなかったけど、
それがまた不気味で不思議でおもしろかったです 月
こういう大きな自然現象は、すごくワクワクします。

マースカレー


わが家のカレーの定番は、この”オリエンタル・マースカレー”です。
いつもネットで取り寄せています。こちら家
香辛料に弱い私でも安心して食べられる、とてもマイルドで体に優しいカレーです。
初めはレトロでかわいいパッケージに惹かれて買ってみたのですが、いろいろ関連記事を調べてみると、現在市販されているどのカレールウよりも安全・安心な素材・製法で作られていることが分かり、ますます愛用しています。
形態は、昔も今も固形ルウではなく粉末。固形が普及した時代にかなり苦戦を強いられたらしいが、粉末の溶けやすさ、そして固形化に必要な硬化油を加えないという安全性にこだわり「粉末主義」を堅持している、そうです。(引用文献「まだある。」←この本もとてもおもしろいので、またご紹介します)
スパイシーカレーが好きな人には、きっとちょっと物足りないかも知れませんが、脂っこくなくてマイルドだけど味もしっかりバランスが取れていて、これはこれで美味しいと思います。私は好き。
このマースカレーをベースに、また自分でスパイスやその他いろいろ加えて工夫して、好みのオリジナルカレーを作るのもいいかも知れません。なんといっても、素材に安心感があるのが一番です。
それから、このマースカレーを買うと、箱の中にオリエンタルグッズプレゼントの懸賞ハガキが入っているんだけど、これがまたなぜかとても当選確率が高い懸賞で、私はもう今までに、オリエンタル坊やのついたカレースプーン約5本、その他バンダナ、シチューなどのオリエンタル商品・・・他にもまだ当たってるかも知れないけど、とにかくいろいろいただきました。
このカレースプーンでカレーを食べるとよりいっそう美味しい感じがしますよ☆
これからもずっと、可愛いパッケージデザインや安全性を変えないで、がんばってほしい会社です。

大阪・京都旅行


楽しみにしていたゴールデンウィーク。今回は、大阪・京都に遊びに行ってきました。路線バス
観光に買い物にと欲張って、かなりヘトヘトになりましたが、とても楽しく充実した4日間でした。
京都は、初めて京都タワーに上り、清水寺と祇園花小路を見て、”恵文社一乗寺店”と”BOBBiN ROBBiN”に行きました。
この日はあいにく雨に降られましたが、京都はどんな天気でもとても風情があります。古い時代の物を見たり触ったりすると、なんとなく心が静まり落ち着きます。
”恵文社”は、いつもHPにはお邪魔しているのだけど、実店舗に行くのは初めて。期待していた以上に良くて、かなり長居していました。こだわりセレクトの本はもちろん、雑貨類、アクセサリー、手芸材料もあって盛りだくさん。どれもセンス良くて、一つ一つじっくり見入ってしまいました。
”BOBBiN ROBBiN”は、とてもgirly♪ お店中女の子の好きな物いっぱいで、カラフルで可愛いものに溢れています。手芸材料や雑貨、いろいろ買いました。
大阪は、キタからミナミまでいろんな所をブラブラしました。その中でも最高に良かったのは、やっぱり”CHARKHA”です。あの温かくて可愛くてほっこりした感じは、他には無いです。置いてある商品、内装、外観、お料理、スタッフ、何もかも可愛いいいー!!のです。 とても居心地が良くて、食べて見て買ってダラダラと2時間近く居たかも。久保さんにも話しかけてもらえて嬉しかったな♪ 近くに住んでたら絶対通い詰めてると思います。
quatre saisons”も、こちらの方に来ると必ず寄るお店で、今回も欲しくなる物いっぱいでした。お部屋をいい感じに演出できそうな雑貨がいっぱい。コランダーやほうろう鍋、鍋敷き、グラス…とキッチングッズをいろいろ買いました。
大阪はお店の他にも中之島、堂島あたりを散歩したり、”道頓堀極楽商店街”なるものにも入ってみました。昭和初期の古い大阪の街並みを再現していて、3フロアーから成っています。とても細かいところまでリアルに作ってあるので、映画のセットにそのまま使えそうな感じ。ほんとに戦前の賑やかな大阪にタイムスリップしたみたいでした。
それにしても大阪という街は、商魂魂旺盛で、良くも悪くもどんどん古い物を壊し、新しい物を取り入れ、新たなるビジネスを展開しているように思えます。
毎回行くたびに、新しい物が出来てるし、どんどん工事している。今回も、”ブラック・レイン”の映画でも使われていた、梅田阪急ビルコンコースが立て替え工事中でした。ここは70年以上の歴史があり、豪華なシャンデリアや壁画など格調高い雰囲気がとても良い感じだったのに、もう見られないのかと思うと残念です。昔、大阪でOLをしていた頃、週末にはここを通って街に繰りだしたものです。(へへてれちゃう汗こんな過去もありますマル秘
それから、道頓堀の戎橋あたりもまだ工事してました。2年前に来たときも、工事してたのに。どんな風になるんだろう??きっと、阪神優勝の時の飛び込み防止策も兼ねているんだろうな。
とにかく、大阪はパワフルな街ですね。
というわけで、あっという間の4日間。たまに都会に出ると、いっぱい面白いものがありすぎて全然時間が足りません。汗
でも、手芸材料もいっぱい買ったんだし、おうちでせっせと手作りしなくちゃねさくらんぼ
画像は、大阪かに道楽前(あ汗顔がバレル)、雨の祇園、清水寺、私の所にやって来た雑貨たちラブ(お恥ずかしい程の物欲)。
リアル風景を満喫するのにいっぱいいっぱいで、ロクな写真がとれてませんでした。悲しい
おわりチョキ
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
RECOMMEND
{amazon_ProductName
大好きな布で作ろう―handmade ZAKKA
ブルーブランシェ
{amazon_ProductName
とびきりカワイイを作ろう―handmade ZAKKA
ブルーブランシェ
{amazon_ProductName
チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
チャルカ
{amazon_ProductName
ヨーロッパのお茶の時間―Teatime in Europe
山本 ゆりこ
LINKS
OTHER